技術が進歩している自毛植毛の特徴とその方法の違いについて

植毛

自毛植毛と費用について

AGA治療として近年注目を集めている自毛植毛ですが、他の植毛に比べてコストのかかる植毛であることに変わりはありません。それだけのリターンは期待できますが、もしも自分が依頼するとなればどのくらいの費用がかかるのでしょうか。基本的に自毛植毛は、その人の髪の毛の後退具合によって費用が決まります。多少M字部分が後退しているくらいや、なんとなくおでこが目立ち始めているくらいではそれほどの本数を移植する必要はありません。
しかし、頭頂部が薄くなり始めていたり、さらにほかの箇所も薄くなっているのなら相応の費用が掛かることを覚悟しておきましょう。細かい費用に関しては各クリニックによって多少幅はありますが、軽い段階でも50万円前後はかかると覚悟しておきましょう。自毛植毛は植毛した後も生え続ける植毛なので、その点も加味したうえで安いか高いかを決める必要がありますが、それだけの費用を払う価値があることは間違いありません。このように、植毛の中でも高価な方法ではありますが、今後頭皮に髪の毛が生えてくること、相応の手間がかかることを考えた上で自毛植毛をするかどうかを決定する必要があることは覚えておきましょう。コストに対するリターンは確実にあります。

バレずに自毛植毛する方法

生え揃えば「自分の毛が生え続ける」ことで自然に増えるのが最大のメリットである自毛植毛ですが、手術のことがバレてしまうと意味がありませんよね。今回は、その手術のタイミングや過ごし方のコツをいくつか紹介します。
■ベストな手術のタイミングは?自毛植毛の術後は、どの術法で行っても頭皮に傷がつき副作用が出る可能性があります。また術後2.3日は頭をしっかり洗えない、といったこともありますので、連休に行うのが良いでしょう。少なくても2日、1週間もあれば確実に副作用や傷は目立たずに生活することができます。オススメとしてはGWやお盆休み、年末年始などです。どうしても土日しかお休みが取れない人は、月曜日が祝日の3連休を狙ってみましょう。また広範囲に移植を希望する人は、複数回に分けて行うと、より自然に増えます。複数回にすることで術後の傷が気になる範囲も少なく、精神的にも楽ですよ。
■過ごし方のコツとは?術後1~2週間は、カサブタが剥がれてきます。あまり気になるようでしたら、蒸れの少ない素材の帽子をかぶったり、増毛パウダーで地肌をカモフラージュするのがオススメです。また、毛根が定着したあとのケアも非常に大事です。せっかくの植毛が成功しても、元からあった毛の部分の薄毛が進行してしまうと、自毛植毛したエリアとの間に隙間ができてしまいバレる危険性があります。しっかりと今まで通りに薄毛ケアは続けましょう。

技術が進歩した自毛植毛について

植毛手術技術が進歩していることにより、ドナーを移植した後の髪の質が良くなったので、自然な形で植毛でぎす。薄毛が進行している箇所に自分の髪を移植するので、人工植毛と違って皮膚が拒絶反応を起こしません。さらに、自毛植毛は男性型脱毛症の影響を受けにくい後頭部に生えている髪を移植するので、移植した箇所の髪は生え続けることになります。なぜなら、移植しても後頭部から側頭部にかけて生える髪の性質を引き継いでいるからです。また、年齢を重ねるにつれてヘアサイクルが乱れるので、自然と髪が薄くなります。けれども、自毛植毛は髪が生えにくい状態でも乱れたヘアサイクルの影響を受けずに生えます。
そして、自毛植毛の技術が向上していることによって、一度の施術でも髪が抜けにくい上に料金負担が抑えられています。他にも、自毛植毛は薄毛を改善するだけでなく、髪の健康を守るために受けるのもお勧めとなっています。それは、髪の健康を保つには基本的に自分で髪を守ることになる他にも、自毛植毛は自分の髪を移植するからです。なので、自毛植毛を受けた後は植毛する前よりも髪の健康に対して、意欲を持ちやすくなるとされています。自毛植毛の技術の進歩により、ドナー採取してから移植するまでの時間が短縮された影響によって、定着率の低下を抑えることが可能となっています。

見所一覧

NEW2017年08月04日
ダイレクト法である自毛植毛を追加しました。
NEW2017年08月04日
自毛植毛の手術法とその違いを追加しました。
NEW2017年08月04日
自毛植毛の施術であるストリップ法を追加しました。
NEW2017年08月04日
海外で自毛植毛を受ける場合を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP