技術が進歩している自毛植毛の特徴とその方法の違いについて

植毛

ダイレクト法である自毛植毛

眼鏡の男性

誰しも自身の体について不満や悩みを持っていらっしゃいます。特に人から観られやすい箇所は大きな悩みになってしまいます。頭部が薄毛になってしまうと、注目を浴び易くなってしまいますし、実年齢よりも上に観られる事もあり深刻な問題になります。そんな薄毛改善を大きく解消出来るとして「植毛」が多くの方が受けていらっしゃいます。植毛は合成繊維によって作られている毛髪が使用される事が多いですが、自身の毛髪を使用する「自毛植毛」が高い人気を博しています。そんな自毛植毛にも多くの施術法がありますが、最新式の施術法とも言える「ダイレクト法」についてご紹介します。従来の施術の多くはドナーと呼ばれる採取箇所をメスでカットする必要がありましたが、ダイレクト法は吸引力にて毛髪を採取し植毛する施術となっています。その為、これまで毛髪採取時の傷跡が残ってしまいましたが、カットする必要が無い事で傷跡が残らない施術となっています。しかも植毛後の密着性の高さもアップしている事で、最新式でありながら人気となっている施術法となっているのです。自毛植毛の多くは、毛髪採取時の傷跡が残ってしまう施術法でしたが、傷跡が残らないダイレクト法の登場によってより人気が高まっているのです。

見所一覧

NEW2017年08月04日
ダイレクト法である自毛植毛を追加しました。
NEW2017年08月04日
自毛植毛の手術法とその違いを追加しました。
NEW2017年08月04日
自毛植毛の施術であるストリップ法を追加しました。
NEW2017年08月04日
海外で自毛植毛を受ける場合を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP